検索
  • koshikino-yado

こしきの…今日 ✽漂着物アートにほっこり✽


    里町はトンボロ地形(陸繋砂州)の上に家が建ち並び、町の東西を海に

   挟まれた地形になっていますので、海岸線に打ち寄せられる漂着物も多く、

   特に町の西海岸側(写真左側)は、北西の季節風で運ばれて来る漂着が増え

   て悩みの種となっています。

    自然と共存することで島の生活が成り立っていますので、里町では毎月

   第3日曜日に地域総出での海岸清掃活動が50年以上も続いています。薪

   で風呂を沸かす頃は、流木を拾って薪として使ったり、打ち上げられた藻

   を畑の肥料として使うなど上手に漂着物を利用していた時代から、今はプ

   ラスチック類が増え、簡単に処理できない厄介物となっています。

    漁業で使用するブイもプラスチック製品に変わり、形や大きさが異なる

   ブイが漂着します。絵心のある人が絵付けするとほっこりするアニメのキ

   ャラクターに変身、心癒されるアートになります。また、少しカットする

   だけでプランターとして花いっぱい活動にも役立つ道具として生まれ変わ

   ります。

    町中を散策すると庭木に海岸から拾ってきたブイを吊り下げ、根元には

   サンゴやガラス玉を置いたアート作品にも巡り合います。

    「こしきの宿」では玄関前に大きなブイで作ったカエルのポストが、宿

   泊されるお客様を暖かく迎えてくれています。漂着物のアートとの出会い

   を求めて散策するのも、島旅の楽しみになります。

《こしき旅フリーチョイス》​

https://satsumasendai.gr.jp/koshiki-sight-seeing/koshiki-marutabi/

 ◆冬の甑島、ふれあいの旅お待ちしております。◆


112回の閲覧
09969-6-3930

こしきの宿(上甑島観光案内所内)

予約受付時間:9:30-18:00

koshikinoyado@cocoro-satsumasendai.co.jp

  • Facebook