検索
  • koshikino-yado

こしきの…今日 ✽こっぱもち作り✽


12/5 こしきの宿にて第2回ワークショップ『まさえ先生のこっぱもち作り』を

開催しました。

島に昔から伝わる『こっぱもち』

もち米とこっぱ(さつまいも)で作る事は知っていても、いざ、自分で

作るとなると分からない事が多く、改めて作り方を知りたいとの意見✨

そこで まさえ先生にご指導頂き、みんなでお勉強しました!!

御年8〇才(*^-^*) ネイルも施される、おしゃれなまさえおばちゃん(いつもの呼び方で失礼します笑)

ユーモアたっぷり♬ 準備の段階から私達もワクワクでスタート!!

一晩 水に浸けておいたもち米と、千切りにしてよく乾燥させた からいも(熱湯で20~30分置いて戻したもの)をよく混ぜ合わせ、蒸します。

蒸し上がったら、今度はつき♬ 最近の餅つき機は、蒸すからつきまで出来るので便利ですね✨

粉がなくなるまで良くつけたら、砂糖投入。この砂糖を入れるタイミングも大事だそうです。

皆さん、説明を聞き逃さない様に真剣です(笑)

つき上がったこっぱ餅を同量ずつ取り分け、👆の木枠に入れて行きます。

この木枠、知り合いの方に頼んで作って頂いた特注品だそうです(*'▽')スゴイ!!

昔は銀色のお弁当箱に入れて作っていた記憶が(笑)

これでしばらく待てば固まります。

この日はつきたてをみんなで試食♡ また格別に美味しかったです(*^-^*)

まさえ先生が最後の挨拶で、郷土の味を末永く受け継いで行って欲しいと。。。

その為に私が教えられる事があればいつでも言って下さいと。。。

モノづくりの工程ももちろん知りたかったのですが、経験を積まれてそこから発せられる

言葉のひとつひとつが、重く・深く・尊いと改めて思いました。

昔は、このこっぱもちの他にも、味噌・醤油も各家庭で作くっていたとか。

便利な機械はなく、薪で火もおこす時代。本当に大変な作業だったと思います。

そんな昔のお母さん方の『愛の形』を、少しでも多く私達世代も学ばなくてはと思いました。

本当に貴重で楽しい時間を頂き、まさえ先生に感謝です。 皆さんのお顔も愛に溢れてました🎶

今回も、こしきの宿、温かい空気につつまれました(*^-^*)

✽参考までに✽

こっぱもちレシピ、是非チャレンジしてみて下さい(^_-)-☆


234回の閲覧
09969-6-3930

こしきの宿(上甑島観光案内所内)

予約受付時間:9:30-18:00

koshikinoyado@cocoro-satsumasendai.co.jp

  • Facebook